真直ぐミドル。平坦でもあり、左右のバンカーが見える。どちらかというと、右側のバンカーが遠いので、ティーショットを右に落とす方がベスト。

2打目はバンカーに囲まれているグリーンを狙うので、グリーン真ん中に落とすこと。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Strokesaver Ltd. (c)2012

このホールも真直ぐミドル。比較的短いので、コントロール重視。フェアウエーウッド、ロングアイアンで真ん中に落とせば、無理せずグリーンを狙える。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Strokesaver Ltd. (c)2012

途中にクリークが流れているミドルホール。風にもよるが、ロングヒッターはドライバーでティーオフする必要ない。橋からグリーンまで80ヤードなので、余裕に刻んでも十分グリーンを狙える。

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Strokesaver Ltd. (c)2012

  

真直ぐロング。左のフェアウエーバンカーにティーショットが届くので、フェアウエー右側に落とすのがベスト。

グリーン手前に花道はあるので、風、フェアウェーの硬さなどにもよるが、ロングヒッターは2オン十分可能。

風がなければ、3オンは無理なし。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Strokesaver Ltd. (c)2012

長めのショート。グリーンは比較的広い。左側にバンカーが集中しているので、フックに注意。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Strokesaver Ltd. (c)2012

    

⇒The 500 Greatest Golf Holes(83)

⇒"1001 Holes": #41

 

前半2つ目のロング。バックティーからは600ヤードと長い。風がアゲンストの場合もっと長い。

 

フェアウエーはあっちこっちに斜面が変わるので、低い球、ランなどは真直ぐに行くことには限らない。

 

無理して2オンを狙うホールではない。しっかりと打って、確実に3オンを狙うのがベストのホール。

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Strokesaver Ltd. (c)2012

    

⇒"1001 Holes": #42

 

このコース初めてちょっとアップヒルにあがるホール。

右にドッグレッグも初。

狙い目は左のフェアウエーバンカーの右側。

 

2打目はかなりのアップヒルのため、クラブ選択を慎重に。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Strokesaver Ltd. (c)2012

                   

⇒The 500 Greatest Golf Holes (14), (35)

⇒"1001 Holes": #43

世界的有名な「Postage Stamp」。全英オープンコースの中でももっとも短いホール。グリーン真ん中を狙うのがポイント。

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Strokesaver Ltd. (c)2012

ティーボックスは高台にあり、フェアウエーが全部見えるミドルホール。ティーショットの狙え目は左バンカーの右側。

2打目はバンカーのないグリーンを狙うので、フェアウエーが左から右に落ちるため、アプローチショットをグリーン手前左に落とせば、自然とグリーン真ん中方面に毀れる。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Strokesaver Ltd. (c)2012

後半ページにジャンプ