真直ぐミドル。ティショットは左バンカー近くに落とすのがベスト。

左の方がグリーンが攻めやすい。グリーン周りのバンカーに注意。

 

戻る

真直ぐロング。途中から若干なダウンヒルになる。狭いフェアウエーなので、コントロールショットが必要。

真直ぐ打つ自信のあるロングヒッターは2打で十分届くが、途中に2本の待つがフェアウエー真ん中に邪魔をする。

パーオン狙いはこの二本木を簡単に避けられる。

戻る

真直ぐミドル。フェアウエーど真ん中にバンカーがあり、200ヤード以上のキャリーが必要なティーショット。右側を狙うのがベスト。2打目は若干ダウンヒル。

 

戻る

無難なショート。とにかくバンカーを避けること。

戻る

真直ぐミドル。ティーボックスからはそれほど大変なホールではない感じであるが、グリーン手前に池があるので注意。

2打目をより楽にするのには、ティーショットの落とし場がキー。フェアウエー右側にそれなりの距離に成功すれば、ミドルアイアンでの池越えグリーンを狙える。

 

戻る

真直ぐミドル。ティーボックスにBubba Watson のドライバー距離につられない用に、しっかりとマイ・テンポでティーショットを打つこと。

左右のバンカーを避ければ、問題ないホール。

 

戻る

右ドッグのミドルホール。ティーショットの狙い目は右の木方面。越えれば、ダウンヒルなので、ちょっとはランが大目に出る。

2打目はグリーン手前のバンカーを避けることがポイント。

 

戻る

池越えショート。とにかく距離をしっかり打つこと。バンカーと水が多いのでグリーン真ん中に集中する方がお薦め。

戻る

                   

⇒The 500 Greatest Golf Holes:  (123)

⇒"1001 Holes":  #81

 

ロングにしては短めとの感じであるが、グリーン手前に池があり、2オンの成功率は少ない。

 

このホールもBubba Watsonがグリーン手前を一打に成功したのはすごい感じがするが、まねをしないように。

 

最初から3オン狙いで戦略を立てれば、それなりに成功する可能性大。

 

池の奥、グリーンの隣は5センチ程度の水深。水切りショットは可能。このコースの名物らしい。

 

戻る