比較的短いミドルホール。グリーンは右のラフに近いため、ドライブを右に落とすと、右ラフの木がスタイミーになる可能性あり、ドライバーは、左に落とした方がフェアウエーバンカーも避けられ、グリーンも狙いやすい。

 

戻る

 

アップヒルのショートであるため、クラブを1クラブ以上増やした方がよい。

 

戻る

打ち下ろしの左ドッグ。フェアウエーも珍しく広く感じる。右のフェアウエーバンカーを避ければ、問題ないホール。

 

戻る

真直ぐなミドル。フェアウエーの途中から若干のダウンヒルになる。1打目、左のフェアウエーバンカーに注意。

戻る

230ヤード時点から急激にフェアウエーが落ちる。1打目はドライバーでなくても良いが、あまりにも短く1打目を落とすと、ブラインドになる可能性あるので注意。

 

戻る

アップヒルのドライバーのあと、ダウンヒルの2打目。3打で余裕でオンできる。ロングヒッターは是非2オンを挑戦しともよい。

 

戻る

短いダウンヒルのショートであるが、右の林が邪魔。フェードでオンが無難。段差があるため、クラブセレクションに注意。

 

戻る

短いロングであるが、ティーショットはアップヒル。無事フェアウエーにティーショットを落とせばあとはラク。ただし、左ドッグのため、フェアウエーの真ん中の木の左を狙う。

ナイス1打目であったら、2オンは比較的簡単。

 

戻る

     

面白いうち下ろしの最終ホール。比較的広いフェアウエーに落とす。グリーンは後ろから前に斜面が落ち、グリーン手前にバンカー。

⇒The 500 Greatest Golf Holes (147)

⇒"1001 Holes": #16

戻る