ティーショットがブラインドのミドルホール。とにかく真直ぐティーショットを打ちたい。

それほど長いホールではないので、ティーショットがフェアウエーキープすれば何とかパーオンできる可能性大。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide:Strokeport Ltd. (c) 2013

                 

⇒"1001 Holes": #89

 

真直ぐロング。アゲンストが多い日なので、2オン狙いは非常に難しい。とにかく真直ぐ3打でグリーンオンすれば良しとするホール。

バンカーを避けることがポイント。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide:Strokeport Ltd. (c) 2013

ガードバンカーが多いショート。グリーンの斜面も前から後ろなので、グリーンからこぼれる可能性大。後ろの林も入れ入れば大変なので、グリーンオーバーは避けたい。

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide:Strokeport Ltd. (c) 2013

比較的に短いミドル。ティーショットはフェアウエー左側に落とすのがベスト。グリーンが縦長なので、オンしても3パットの可能性高いので、2打目はピンを狙うこと。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide:Strokeport Ltd. (c) 2013

真直ぐミドル。右側のフェアウエーバンカーを避け、グリーンを左側から攻めるのがベスト。ただし、グリーン右奥はOBなので注意。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide:Strokeport Ltd. (c) 2013

若干右よりにドッグするミドルだが、右側バンカー多いため、ティーショットはフェアウエー真ん中を狙うのがベスト。グリーン左右にバンカーあるため、真ん中を狙う。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide:Strokeport Ltd. (c) 2013

ブラインドティーショットのミドル。フェアウエーは左側を狙うのがベスト。

しかし、1979年にバレステロス・プロが左の駐車場から2打目を打ちバーディーを取ったこともあり、積極優勝したので、スライスしてもチャンスあり。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide:Strokeport Ltd. (c) 2013

                  

⇒The 500 Greatest Golf Holes (69)

⇒"1001 Holes": #90

フェアウェーが途中で無くなり左ドッグのミドル。

ティーショットは左側に見えるバンカーを狙う。長いホールなので、ティーショットは飛ばしたい。

2打目は左右にガードバンカーが多いグリーンの真ん中を狙うのがベスト。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide:Strokeport Ltd. (c) 2013

                  

⇒The 500 Greatest Golf Holes (47)

⇒"1001 Holes": #91

最後はフェアウエーバンカーの多い真直ぐミドル。避けることを最優先することがポイント。2打目もグリーンの左右のバンカーを避けるため、グリーン真ん中を狙うのがベスト。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide:Strokeport Ltd. (c) 2013

前半へ戻る